ACC(Austin Community College)のリーディング&ボキャブラリー授業 レポート/ACC’s Reading&Vocabulary Class Report

   IMG_2839

以前、テキサス州、オースティンのESL情報ESOL情報についての記事を書かせてもらいました。

今回は、私が2015年9月現在受講している、ESOLのリーディング&ボキャブラリー(レベル5)のクラスについて書きたいと思います。

時が過ぎるのは早いもので、授業が始まってから約3週間が経ちました。最初は若干緊張していたものの最近はクラスメイト達とも顔見知りになり、リラックスして授業に参加できるようになってきました。

クラスは、1時間45分の授業が週に2回行われます。リーディング&ボキャブラリーのクラスということだけあって、単語と読解のテストは毎回行われます・・・。単語テストは教授が英語で説明する単語を紙に書き、下の写真のような形で提出します。

image1

1クラスは全部で15人。国籍も年齢も様々ですが、私のクラスは昼のクラスということもあってか、圧倒的に女性が多いです。嬉しいことに、もう1人日本人の生徒がいます。授業が終わった後に少しでも日本語で会話ができると、何故だかホッとします。彼女は前のセメスターから他の授業もいくつか取っていたようなので、いろいろと教えてもらうこともでき心強いです。

毎回の授業の流れとしては【単語テスト→読解テスト→物語についての質問や意見交換→新しい英文を受け取る→単語の意味を皆で確認】という感じです。時間がある時は授業の中で英文を読むこともありますが、課題は基本的に自宅で読むことになります。課題の英文を自宅で読み、単語を覚え、次回の授業に備えます。下の写真は、教授からもらった課題の例です。A4サイズおよそ10ページほどが、毎回の課題となります。

image1-2

ここで、教授から教えてもらった英文リーディングをスキルアップさせるためのコツをご紹介させていただきます。

 1.  分からない単語はアンダーラインを引き、意味は調べずにそのまま最後まで1回読み通す。

2.  分からなかった単語の意味を調べる。

3.  最初から最後まで、もう1回読む。

4. 最低3回読む。

だそうです。。。

確かに、日本語でも英語でも、同じ文章を繰り返し読むことで理解力が深まります。1回読むだけでは理解できなかった文章も、2回読むとだいぶ理解できるようになります。

単語テストは、毎回20個ほどの単語の中から10個がテストに出されます。

image2

以前通っていたカリフォルニアのアダルトスクールのESLはもっと和気あいあいとして緩い雰囲気でしたが、コミカレのほうは生徒によっては単位に関わってくることもあり、みんな真剣に授業に参加しているような気がします。

私もせっかくお金と時間を掛けて参加しているので、毎日勉強に励んでいます。翻訳の仕事が忙しくなると1日中英文ばかり目にしているような状態になってしまい大変ですが、その甲斐あってか最近では少しはボキャブラリーも増え、読む力もついてきたようです。

このクラスは12月初旬まで続きます。まだあと3ヶ月あるので、引き続き頑張らなくては。。。

エリ

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s