話に花を咲かせよう/A conversation that blooms

IMG_2792

カリフォルニアからオースティンへ引っ越してきて、そろそろ3ヶ月がたとうとしています。引っ越して来た当初は子どもたちの学校が始まるのを首を長くして待っていました。長い夏休みをのんびり過ごしてきた我が家の子どもたちは、毎朝私に尻をたたかれてようやく学校へ出掛けていきます。子どもたちは、初のバス通学に胸を踊らせています。

先日は、「back in the saddle」や「head start」などの英語のイディオムについて書いてみました。今回は、日本語の慣用句について書いてみたいと思います。

This time, we’re taking a look at a few Japanese idioms. The three idioms in the opening paragraph all share a similar structure. They mention a noun, which happens to be a part of the body, followed by a verb that isn’t normally associated with it. You hear the same patterns in several English idioms, like when people say, “My heart sank!” to express a feeling of disappointment.

e58df657da9e4e9a11b73559779feae6_s「首を長くする」という慣用句は、楽しみにしていることが待ちきれない、というようなときに使います。実際に首が長くなるのを想像すると「ろくろ首」のようでちょっと怖いですが、楽しみにしてることを遠くに見るようなイメージは、分かるような気がします。私が子どもの頃、夏休みにおじいちゃんとおばあちゃんの家を訪ねるのを、いつも2人は首を長くして待っていてくれました。

Now that I know what a “rokurokubi” is, I don’t think I’ll forget 首を長くする! It sounds like a more colorful way to say 楽しみにしている or that you’re really looking forward to something.

4ff1cfe2b0bd54f661a59fb2de72ebde_s「尻をたたく」は、ぐずぐずしてる人にやる気を起こすように励ましたり、早くするように急かしたりするときに使う慣用句です。実際にお尻をたたくわけではありません。語学の勉強は、他人尻をたたかれてもなかなかやる気が起こりませんね。自分で自分のお尻をたたく状況に追い込むのも、悪くないかもしれません・・・。

I have to admit, I was surprised when I first heard this expression, but now that football season has started, I think it makes a lot of sense. At the end of just about every play, someone smacks someone else on the butt to encourage or congratulate them! We have a few “butt centric” expressions in English too, like when someone is being a “pain in the butt“, which might cause them to receive a “swift kick in the butt“. I think the English idiom “to light a fire under someone” comes closest in meaning to お尻をたたく, though. It conveys a sense of stirring someone to action.

fbe67cc11ab5a6845c0b319a3c8732a0_s「胸が躍る」は、とてもHappyな感じが伝わる慣用句です。楽しみなことにワクワクしたり、期待に胸を膨らませていたりするときに使います。似た慣用句には、「心が弾む」というのもあります。とにかく楽しみでしょうがないという気持ちを表します。私は日本へ一時帰国するときのことを考えると、胸が躍ります。

The expression “dancing heart” creates a strong image that makes this idiom easy to remember. Both 心 and 胸 seem to show up in a lot of Japanese idioms, likely because the heart is considered the center of emotions, and it resides in the chest. English has plenty of heart related expressions as well, but none that involve dancing. “My heart leapt” seems like a good match, as it expresses a sudden burst of happiness and excitement.

d822bc02812bed465db6fd9941143b8e_sタイトルの「話に花を咲かせる」は、話が盛り上がるという意味があります。日本語でも英語でも、慣用句を使いこなせるようになると言葉の表現がぐっと豊かになります。単語ひとつではうまく表せない自分の気持ちを、慣用句ならぴったり当てはまる表現を見つけることもできるかもしれません。慣用句には面白いものもたくさんあるので、お気に入りの表現を見つけてみてください。

One of the interesting things about learning idioms is that they tend to create pictures in your mind. Having a visual link to words and phrases can make them easier to remember.

エリ&パト

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s