再開/Back in the Saddle

Ball-Rolling

Summer vacation is over so our language exchange is going to start meeting again in a few weeks. I don’t want to get off on the wrong foot so I should probably get a head start on preparing for our first meeting. Time to get the ball rolling!

子どもたちの学校の夏休みが終わり、近々LEが再開するそうです! 私は引っ越してしまったので参加することができなくて残念ですが、パトからどんなことを勉強したのか報告を聞くのが楽しみです。

Maybe we should discuss idioms since I used three of them in the first paragraph.

パトの最初の英文には、いくつかのイディオムが含まれていました。今回は、英語のイディオムについて書いてみたいと思います。

To “get off on the wrong foot” is to start something badly. Nobody wants relationships or projects to get off on the wrong foot. If you feel like things didn’t go well during your first meeting with somebody, the next time you see them you might say, “I’m sorry, I feel like we got off on the wrong foot“. Then you have a chance to make a good second impression.

直訳すると「誤った足で出発する」という感じでしょうか?

これは、「出だしでつまずく」という意味です。誤った足(ちょっと変な日本語ですが・・・)で出発すると、つまずいてしまいますね。しっかりと準備をすれば、出だしでつまずかなくなりそうです。

A “head start” means to have an advantage by starting early. If you race someone who is slower than you, you might give them a head start so they have a chance to win. Of course, if the slower person wins you could always remind them that they won because they had a head start. I used to do that to my sister. Head start was first used in horse racing. When the horses would charge out of the gates, the lead horse’s head would stick out in front of the others.

直訳は「頭でスタートする」? これだと何のことか分かりませんが、辞書には「優先スタート」などと載っています。分かりやすく説明すると「先にスタートをすること」です。我が家の兄弟が競争をするときに、弟にいつも「head start」をさせてあげています。こんな場面でも使えるイディオムです。

Q335-croquetAA99FC_2244334bTo “get the ball rolling” is to start something. It’s another expression that comes from the world of sports. Back in the 1850’s people developed a game called croquet where players use a mallet to hit balls through wickets. The player who goes first starts the game by hitting the ball to get it rolling. Now we use this idiom when talking about beginning projects or programs. Last year we got the ball rolling for our town’s volunteer day by putting up flyers at the library.

文字通りだと「ボールを転がす」? 一体何のことでしょう?

辞書には「事を始める」、「口火を切る」などと出ています。何かを始めるときに使うイディオムのようですね。この語源となったクローケーというゲームは、日本のゲートボールの基になっているそうです。おもしろいですね。

The trouble with a lot of idioms is that they don’t translate very well. If I say that the new computer I bought cost me an arm and a leg, an exact translation would probably be pretty scary. Fortunately, no limbs were lost in the sale of the computer, just a lot of money.

このイディオムは、ESLのクラスで習ったことがあります。「費用がすごく高い」という意味で、家や車などの高価なものを買うときなんかに使われるようです。腕も足も差し出すようなくらい、高い! という感じでしょうか。

Head-Above-WaterHas someone ever told you that they can’t keep their head above water at work? A little alarm probably goes off when you hear a sentence like that because it really doesn’t make sense, unless you’re speaking to a lifeguard. If you can’t keep your head above water, it means that you can’t manage the current situation because things are too busy, or you have too much work.

これは、深いプールや海などで頭だけが水面から出ているイメージでしょうか。いろいろなシチュエーションにおいて「なんとかやれている」という状況のときに使うイディオムです。また、借金をせずに生活するという意味もあります。

It’s fun to learn idioms from other countries because it gives a little glimpse into their culture and history. American English is still full of expressions that got their start in the American Old West, like “back in the saddle”. This used to mean returning to work as a cowboy after recovering from an injury. Over time, people started to use it when talking about going back to any activity that they had stopped doing for a while. In fact, you could say that in a few weeks I’ll be back in the saddle at our language exchange meeting.

Back-in-the-Saddle英語のイディオムは数えきれないほどありますが、パトが言う通り、その国の文化や歴史を垣間みれたりもして、なかなか面白いです。ですが、それがイディオムであるということを知らないと、文字通りの解釈ではチンプンカンプンになってしまいます。「back in the saddle」は直訳すると「サドルに戻る」ですが、それでは全く意味が分かりません。英文を読んでいて急に意味が分からなくなってしまった場合には、もしかしたらイディオムかもしれないと疑って調べてみると、答えがはっきりすることもあるでしょう。

ちなみに、back in the saddleは「復活」、「再開」などという意味があります。再開したLEの話をここで聞ける日も近いかもしれませんね。

エリ&パト

Advertisements

3 thoughts on “再開/Back in the Saddle

  1. えりさん お久しぶりです!テキサスでの新生活いかがですか?
    今日のWalnutcreekは、日中100度を超える焦げちゃいそうな暑さ、そんな中、図書館でのLE再開されました。Patrickさんはじめ、みなさんと夏休みの事などいろいろ話してとて楽しいひと時でした。
    テキサスでのコミュニティーカレッジでのESLについてもまたぜひ聞かせてください。

    Like

    1. 和代さん、お久しぶりです! テキサスも、相変わらず毎日暑いです・・・。
      LEもとうとう再開ですね! みんなで楽しくやってる姿が目に浮かびます^^
      コミカレのクラスは毎回単語テストがあり大変ですが、何とか頑張っています。コミカレクラスの内容についてもそのうちブログに詳しく書きたいと思ってるので、また覗きにきてくださいね!

      Like

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s